WordPressの求人はPHPができればいいという話ではなく

WordPressの求人をチェックしていくと、WordPressだけで食べていける、というほど甘い仕事ではないことがわかると思います。

WordPressの運用、サイト制作、デザインの修正等はそれほど稼働をさくほどの規模が無いからです。そのためWordPressがやりたい人でも他にもいくつか仕事を掛け持ちしながらの取り組みと鳴ることは否めません。


・PHPを使ったWordPress以外のサイトの開発、メンテナンス等もあるでしょうし
・WordPressを使ったWEBによるマーケティング
・TwitterやFacebookとの連携による集客
・販売ページの作成
・口コミが発生するお役立ちの原稿の作成
・デザイン

などの仕事とセットになることが多いです。他には商品のメンテ、DB連携、レポート出力、ユーザーサポート等も合わせて行う場合があります。この辺は会社の事業規模にもよりますが概ねの求人ではphpでWordPressのみに携わって頂く、という求人は見当たらないのです。

phpエンジニアの月収感

今非常にPHPエンジニアが売り手市場となっていて月収も徐々に上がってきています。自社に技術者を招き入れたいために月収を上目の額で提示している求人が多いという事でしょう。ちなみに提示されている求人欄の月収は上限のノリシロがあることをお伝えしておきます。人材のスキルや市場価値にもよりますが提示価格の1.4倍ぐらいは糊代がある場合があります。その点を考慮して交渉を進めると良い場合もあるでしょう。

【月収・年収感】こんな感じです

◯東京勤務、WEBディレクター職 → 月収35万円。デザイナー、プログラマとしての経験3年程度を想定
◯大阪 WEBデザイナー職 → WEBシステム開発・保守 年収300~600万 ゲームコンテンツ作成経験者
◯東京 HTMLコーダー → HTML/CSS/Javascript 経験3年 月収45万円前後 スキルにより幅

ひとつ目安として覚えておくと良いかなと思います。需要と供給のバランスによるので供給が優れば収入も減ってくる事が可能性としてありますよ。

ただWordPress関係の仕事は非常に面白いですよね。将来の展望が明るいです。業界的な話ではなくて自力が付くという意味です。WordPressとマーケティング力が修得できれば、様々な企業へのコンサルティングが出来るようになります。または自分自身を発信するメディアを構築する事もできますし独立という可能性もすぐに見えてきます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ