phpを使ったSNSサイトの構築で得た経験

SNSサイトの内容

ギターやベース、アンプ、エフェクターなどの楽器の音作りのセッティングを共有するサービス。会員制で、それぞれの自分の音作りの仕方やセッティングを投稿することができる。またアーティスト名、曲名、ジャンル、機材名などで投稿の検索ができる。会員登録し、ログインをしたらマイページが利用できるようになり、そこでプロフィールの編集や、Twitterのようにフォロー制になっていて、フォローした相手とはダイレクトメッセージが送れるようになる。つまりは音楽(音作り)に特化したSNSの構築。

業務内容全般

サービス全体の基本設計から始まり、サイト全体のデザイン作り。データベースの設計、会員登録、ログイン、ログアウトのシステム構築。ログイン後のマイページ、投稿やフォロー、プロフィール、ダイレクトメッセージなどの基本機能の設計。サービス完成後のサーバーへのアップロードにともない、レンタルサーバー(VPS)の設定、独自ドメインの取得、基本的なSEO対策など。またアクセス解析のために、Google Analyticsの導入も行った。

SNSサイト構築で得たスキル等

このようなSNSを作ったことはなかったので、さまざまな機能作りが苦労した。会員登録、ログイン、ログアウト、マイページ、どんなSQLを使えば、より効率よく動くかなどいくつも検証した。他にもPHPからデータベース(mysql)に接続する場合、以前はmysql_connect関数というものを使っていたが、今はPDOというオブジェクト指向を用いた手法があるため、新しい技術を使うことにも少し苦労した。

またサイトのデザインは、1から自分で作るのではなく、Twitter社のBootstrapを活用することで比較的、時間を要さずなおかつ出来のよいものに仕上がった。サーバーへのアップロードする際に、レンタルサーバーを借りたが、共有サーバーではなくVPSにしたため、自分で初期設定、構築をしなければならなかった。その際のセキュリティ対策には非常に気を使った。

そしてSEO対策のため、策を講じてはアップロードしなおしと繰り返しにも時間がかかった。そしてアクセス解析のために、Google Analyticsの導入を行った。登録の際に取得できるトラッキングコードを各ページに埋め込むのだが、はじめそれを行ってもなんの反応もなく困ったが、設定が完了するまでにしばらくの時間がかかることがわかった。今もなお定期的にチェックをしている。このようなSNSを作るときにはフレームワークなどを利用しない場合、シンプルにPHPで作るのが一番扱いやすく簡単に作れる言語だと思った。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ